• 婚活と言えば結婚相談所?
    なんか古くさい呼び名で、中年と言うよりは高齢に近いオバサンが根掘り葉掘り好みを聞いたりするイメージがあります。
    結婚相談所に見合いにと、なんか考えただけで面倒になってきます。
    女性は比較的婚活に熱心だと言いますが、一方の男性はと言うと堅苦しい婚活は嫌がる傾向にあります。
    そんな中で最近多いのが出会い系と呼ばれるサイトです。出会い系と言ってもその内容はピンキリで、真面目な婚活サイトもあれば不倫サイトや売春サイトもあります。
    出会い系と言えばイメージは最悪で、登録したら最後迷惑メールの嵐になると言った事が現実に起きています。
    集められたメールアドレスは関連業者間で流用され、こんな馬鹿なメールに引っかかるのかよと言うようなベタな迷惑メールが来ます。
    出会い系詐欺のターゲットは従来は男性でしたが、最近は女性宛のものも増えています。

    私は会社の社長でカネはあるけれど恋人がいない、どうだろう、私と付き合ってくれれば100万円をお渡ししますなんてメールがそれです。
    付き合って100万円貰えるわけはないのだけれど、何故こんなメールに引っかかる人がいるのか僕には理解出来ません。
    同じメールの男性宛は「主人の遺産が○億円あります。今日会って頂けたら100万円お支払いします。私の寂しい身体を癒して下さい」みたいな。
    どう考えたっておかしいのですが、迷惑メール受信者の0.1%の人はこれに引っかかるのだそうです。
    引っかかって返信すると登録料だとか手数料名目の金を取られることになっています。
    しかし被害者は、多少の金を払っても100万円貰えるんだからと喜んで金を振り込みます。
    金が振り込まれるとサクラというか業者からまたメールが来ます。安心して会いたいから写真交換しましょうと。
    勿論写真交換代が必要で、メールを見るにも読むにも金がかかってきます。

    業者はまとめてポイントを買った方がお得ですよと新たな仕掛けを用意し、数十万円を振り込ませます。
    もちろんそのポイントを使い果たすまでサクラとのメールは続くわけで、写真にしてもうまく添付出来ないとか、文字化けして読めないからと言って別のサイトに引きずられていきます。
    こうして今度は第二のサイトで同じ事が行われ、被害者は又々大金をせしめ取られるのです。


    何だよ、いくら金を払っても逢えないじゃないかと思う頃には百万円以上をつっこんだ後です。
    そんな時まで良く気づかずに騙され続けていたなと、そもそも最初のメールで騙されたのですから業者にしてみれば良いカモです。
    騙されはしても、モテない男や女は更に騙されようとします。
    騙されようとするというのは表現が変ですが、ようするに他のサイトなら本当に出会えるのではないかと思ってさまようわけです。
    こうした人々が出会い系の経済を支えていると言っても過言ではありません。
    だって無料を謳う出会い系だってあるじゃないか、そう思われる方もいるでしょう。
    向こうだって商売なのですから無料では運営出来ません。
    広告料収入で運営している所も皆無とは言いませんが、無料の中身は有料です。

    携帯電話と同じで無料だ無料だというのは頭金のことで、契約したら毎月機種代を取られたみたいなものです。
    ○ヶ月無料と言って、確かに無料だったけれど解約しようとしたら解約料をがっぽり取られたとか。
    まさに出会い系もこれと同じで、表向きは無料を謳っていても会員規約をよく見ると全然無料ではなかったりします。
    そもそも会員規約に目を通すような人ならこの手のサイトには引っかからないわけで、表向きの無料にだけ釣られてほいほいと登録してしまう人が危ないのです。

    ではサイトで出会うことは不可能なのでしょうか?
    いえ、必ずしもそうとは言い切れません。
    言い切れないのですが、そのサイトによって様々な罠などがあります。
    筆者の経験からいくつかのサイトに関して触れてみたいと思いますが、あくまでも筆者の経験でありそれが全てではありません。
    いわゆる出会い系と言われる無料サイト、その有料版、そして婚活サイトなどいくつかを経験しました。
    確かに出会えることは出会えるのですが、出会おうと思うと有料だったりします。

    この有料は、何もサイトに対して金を払うだけではありません。
    いわゆる業者、個人営業の女性など、営業なのですからカネを稼ぎにやってくる。それらの業者や女性に金を払う必要があると言うことです。
    業者に関しては組織売春ですから法に抵触します。
    法に抵触するので日本人が経営している所は少なく、違法行為を行っても捕まりにくいとされる韓国人や中国人が主体です。
    アジア人でも良いと思う人はそれで良いとは思いますが、プロフィールと実物の違いも結構あるのでリスキーです。
    プロフィール画面を印刷して、メジャーと体重計と共に持って行けば細身の45kgと書いてあったプロフィールの持ち主が、今目の前にいる、どう考えても60kgじゃ済まないだろうという中年女性のものではないと証明出来ます。
    中国人ばかりではなく日本人だって同じように、書かれている年齢も体型もブラジャーのカップサイズも適当です。
    これって景品表示法違反じゃねーかと、その場で気づいても後の祭りなのです。