• クレジットカードに関しては他のページでも触れていますが、現代社会においてクレジットカードの一枚もないというのは不便な事です。
    他のページに書いたように海外ブランドのクレジットカードを持つ事は、たとえ破産者であったとしても可能です。
    しかしそこまでの手間はかけたくないとか、パスポートもないから(海外口座を作るためにはパスポート認証などが必要なので、パスポートは必須です)諦めようかと考えている人も少なくはないでしょう。
    また海外のクレジットカードを使おうとすると、一部の銀行を除いてはアメリカドルなどでの預金が必要です。
    これを日本円で使うので、その都度為替交換手数料が発生します。
    逆に海外旅行などの場合はドルそのままで支払えるので得なのですが、日本国内で使う事を考えるとあまりお得とは言えません。



    では国内のクレジットカードは全て作れないのかというと、必ずしもそうとは限りません。
    もちろん事故を起こしたカード会社やそのグループカードを取得しようと思うと困難ですが、それ以外であれば可能性がゼロではないのです。
    クレジットカードはVISA,MASTERの他にAMEX,JCBなどがあります。
    これらの提携カードとして銀行系、信販系、細かく言えばデパート系や交通系もあるしガソリンカードなどもあります。
    ここで言う事故を起こしたものがダメというのは、例えば信販系のカードで事故を起こせば信販系全体がダメになるという事です。
    決してVISAがダメでMasterが良いという事ではありません。
    実際にカード申し込みにチャレンジするとして、どのカード会社の審査が甘いのでしょうか。
    一般的には信販系クレジットカードの審査が甘いと言われていますが、信販系で事故を起こした人はどれにすべきなのでしょう。
    この審査の甘さは一概に言えない部分もあり、入会キャンペーンなどを行っているカードは一時的にかなり審査が甘くなる事が多いのです。
    あの、医者か弁護士しか持てないと言われていたダイナースでさえ最近は普通のサラリーマンが普通に持てるカードになりました。
    各カード会社ともに会員数集めに必死なのです。
    --スポンサーリンク--

    そんな中でも審査が甘いのは別のページにも書いているとおり楽天とSBIです。
    ようするに格調の低いカードほど審査が甘いわけで、会員獲得に必死な楽天などは正社員でなくても(定時収入が無くても)審査にとおります。
    そして、その楽天で入会審査に落ちた人でも持てるのがSBIです。
    SBIは元々ソフトバンク系の金融会社で、楽天同様に会員集めに必死です。
    ソフトバンクと聞いただけで、いい加減で審査が甘そうだと思う人も多いはずです。
    現在SBIはソフトバンク系からは分離されましたが、あのホリエモン事件の時に口を挟んだ北尾氏が経営する会社です。
    SBIは安っぽいカードというか安っぽい会社?なのでまともな人が持つカードではなく、学生さんなどが所持している印象です。
    しかし背に腹は代えられません、SBIカードに申し込んでみましょう。
    それでもダメならどうするか。
    まだ道はあります。

    オリジナルブランドよりも提携カードの方が審査が甘いところを利用するのです。
    AMEXにしても、オリジナルカードよりもセゾンAMEXやANA AMEXの方が審査は緩いですよね、これと同じです。
    特にANA AMEXはキャンペーン中ならSBIや楽天並みに審査が甘くなります。
    SBIカードならGEOの提携カードがあります。
    これらを狙いましょう。

    統計的に見ると男性と女性では審査への通り方に違いがあります。
    楽天KCは男女ともに通りやすいと言えますが、女性であればSBIよりもお勧めなカードがあります。
    いずれにしても楽天カードは審査が甘い上にポイントも付くので、申し込んでみて損はないでしょう。
    ただし一度に複数のカードを申し込むのはダメです。
    一度申し込んだら必ず1ヶ月以上は間隔を開けてください。
    同時多数の申し込みは、それだけで審査で落とされる要因になり得るのです。

    女性の審査通過率が高いのがOMCカードです。
    販売店/流通系のカードで、主婦などの申し込みが多いものだと想像できます。
    特に審査が甘いという感じもしないのですが、他のカードがダメでもOMCはOKだったという話も聞きます。
    収入のない主婦の方でも、パートで子育て中のバツイチママでもOKだと言われています。
    もちろん審査の基準は明らかにはされていないのですが、審査の緩い、通りやすいカードだと言えるでしょう。

    また楽天がダメでも通ったというカードにファミマカードがあります。
    どちらも会員獲得が盛んなのと、ファミマカードは学生さんなどの加入率が高い事からも審査がさほど厳しくないと想像できます。
    逆に審査が甘くない、というよりも審査が厳しいのは一般的には銀行系のカードです。
    最近は販売系のカードに押され気味で加入者の獲得にあまり力を入れていない感じもします。
    またガソリン系やドコモなどの通信系も比較的審査が厳しい傾向にあるようです。
    特にドコモは、キャンペーンなどを行っている割には審査が厳しいのと、審査期間が長いのが特徴です。

    --スポンサーリンク--

    審査期間は一般的には1週間程度、ドコモのDCMXだと2〜3週間程度になっています。
    審査落ちした場合でも、その理由は普通は開示されません。
    審査はカード発行会社が独自に行うものが多いので、例えば楽天KCに落ちてもファミマTカードはOKだったというような場合もあります。
    珍しい例では、ファミマTカードはダメだったのに街頭キャンペーンで申し込んだAMEXは通ったというような例もあります。
    申し込みをして審査に落ちたからと言って悪評が付く訳でもないので、通りそうなカードがあれば申し込んでみるのも良いでしょう。

    定職がない場合はどうしたらいいのか。
    定職がないのにクレジットカードをほしがる心境は分かりませんが、アルバイトでもしているのならそこを勤め先として申し込みましょう。
    正社員か臨時雇用かなどは関係ないし、クレジットカード会社が調べられるわけはありません。
    ただしその申込者がその企業に在籍しているかの確認の電話が来る事はあります。
    AMEXなどは確認の電話がかかってきますが、OMCや楽天が確認したという話は聞いた事がありません。

    どうせ確認されないなら一流企業の名を書いても良いじゃないか。
    勤続年数を水増ししても良いのではないか。
    そう考える人もいるでしょう。
    確かに大企業の名前を書けば、内線番号でも書かない限り容易に電話はつながりませんよね。
    外資系の企業などで本社の電話番号を書いたら、わざわざ海外まで電話をかけるのかという話になります。
    もちろん、だからといって架空の勤め先を書けと言っているのではありません。



    年収はどうでしょうか。
    従来AMEXなどは申込時に源泉徴収票などを付ける必要があると言われていた時代がありました。
    しかしこれも個人情報保護の問題もあり、年収証明などは不要になっています。
    ただしリボ払いなどを組もうとした場合は納税証明などで年収を証明する必要が生じる場合がありますのでご注意を。

    それ以外は年収を調べられる事はありませんので、適当な事を書けとは言いませんがご自由にと申し上げておきましょう。

    他には就職先の職種や持ち家か賃貸かなどによっても審査点数が異なってきます。
    ○○荘とついたアパートを持ち家だと主張するには無理がありますが、戸建て賃貸ならば持ち家との区別は簡単には付きません。

    いくつものカードに申し込みをするのは勝手ですが、審査結果が出て少し期間を空ける事は必要です。
    通常クレジットカードを複数枚作らなければならない意味は少ないわけですから、次々にカードを申し込めば不審に思われます。
    通常の申込者であれば1ヶ月に3枚程度は発行されますが、すねに傷のある身としては少し慎重に行くべきです。
    例えば今月楽天に申し込んでダメなら、今月は他の申し込みをせずに来月以降SBIにチャレンジするなどです。


  • Designed by CSS.Design Sample